鶏もも肉ソテーがメインのプレート

夕飯を作る時に、その日の分を作ると同時に、簡単にできる下ごしらえも同時に行うと時短になるときいたので、最近できる時には行うようにしています。昨日は鶏もも肉が安かったので2枚購入し、夕食は10分程度で調理できる焼き魚と、朝に炊飯器へセットしておいた混ぜご飯だったので少し時間があったため、早速鶏もも肉は1枚ずつ余計な脂肪分を取り除き、それぞれラップで包み冷凍しました。翌日はその鶏もも肉をフライパンでソテーにしてメインとしました。焼く時のコツは、焼いている間極力鶏もも肉を動かさないようにすることときいたことがあるため、オリーブオイルを入れたフライパンへ入れた後は、所定の時間はフタをしてじっと待つのみです。でもどうしても焦げていないかな、そろそろひっくり返したい、といつものクセで手が動きそうになってしまうので、じっと待つということはちょっとだけ忍耐が必要でした。そうこうして両面をじゅわっと焼き上げたら、プレートにのせて出来上がりです。付け合わせのマッシュポテトには冷凍庫に残っていた明太子の残りをレンジでチンしてほぐして混ぜ、サラダは茹で卵や生ハム、ブロッコリーなど野菜類をたっぷり入れました。鶏肉はいつもの調理よりも表面がカリッとした仕上がりで、ジューシーさを味わうことができました。

コメントを残す