モーニング付きのカフェ

ここ数年、モーニングの時間帯に来店すると、ドリンクの価格でパンやサラダなどが楽しめるサービスをやっているお店をみかけます。とても嬉しい特典で、利用したいものですが一体どういった仕組みになっているのか不思議です。当たり前ながら、時間帯を外してしまうとサービスは受けられません。それでも同じ価格を支払わせる設定です。納得がいっていない消費者はいないのでしょうか。私の場合はサービスを知らずにコーヒー目当てで来店し、サービスがあってラッキー、なパターンでした。反対に、サービス目当てで行ったのに受けられなかった、時間が間に合わなかったという人も少なからずいるはずです。そしてもう一つよく考えると、ドリンクのみでは決して安くない価格設定のことが多いということ。サービスを受けられてラッキーというより、サービスが当たり前で、それを受けられなくてアンラッキーということが普通のように思いました。例えば結果同じでも、税抜き価格表示の方が安く見えたりする効果のように、なんとなく消費者の錯覚をうまく利用した戦法のようにも思えます。

コメントを残す